FC2ブログ
すきなもの・すきなこと、暮らしの記録。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by yotsuba*
 
[スポンサー広告
『だいちゃんのちびねこ』
絵本のいいところは、
出版されてから時間が経っても色褪せないところ。

きっとどの時代も、
子供の心は変わってないんだなぁと思うのです。



あたしの生まれる前に発行された
『だいちゃんのちびねこ』。

今でも大好きです。




だいちゃんのちびねこ
山本まつ子 ポプラ社
発行年月:1970年6月
1260円
楽天ブックス


  だいちゃんは、かわいいちびねこを拾ってきます。
  二人は何でも半分この仲良し。

  くいしんぼうのちびは、だいちゃんの分まで食べてしまい
  とても大きなねこになってしまいました。

  とても家では飼えない大きさ。
  ついには動物園へと引き取られてしまいます。

  離れ離れになってしまった二人の運命やいかに?!(笑)



最近の絵本とは違い、
少し厚みのある本となっています。

それでも字が大きいので読みやすい一冊。

絵のレトロさ加減もまたツボで(笑)
動物園のシーンではたくさんのお客さんが描かれていますが、
ファッションや髪型に70年代が反映されています。

あたしにとっては、
また違った角度から楽しめる大好き絵本です^^



  memo*
   読み聞かせなら3~4才から。
   自分で読むなら幼児~小学中級向。



+++++++++



ちなみにうちの“ちびねこ”。
御年13歳。
体重7キロ(笑)

うちの“ちびねこ”




スポンサーサイト
Posted by yotsuba*
comment:0   trackback:0
[[絵本]どうぶつの本

thema:絵本 - genre:本・雑誌


comment
comment posting














 

trackback URL
http://yotsuba000.blog122.fc2.com/tb.php/27-ccbeb37c
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。