FC2ブログ
すきなもの・すきなこと、暮らしの記録。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by yotsuba*
 
[スポンサー広告
『うそなき』
いつの世も、女性とはしたたかなものなり(笑)

女の人は強いなぁ。
自分も女性でありながら、そんな風に思います。

・・・もちろん人によるだろうけれど、
いざとなった時って、断然、男性よりも女性の方が強い気がするのです。




さてさて、ちび王子が学校の図書館から借りてきたのがこの絵本。


うそなき
内田 麟太郎/マスリラ
ポプラ社
発行年月: 2009年2月
1260円


   都から田舎へもどることになった大名が、
   都で好きになった女のもとへ別れを告げにゆきます。

   そのときに「うそなき」をするのが、この女!

   悲しいのです。ヨーヨヨヨヨヨヨ・・・。

   大名は彼女の涙を本当だと信じて疑いませんが、
   家来の太郎冠者はこの女の嘘泣きをみやぶってしまいます。
 

   *memo*
    自分で読むなら小学校低学年から。




ってこうやって書くと、
絵本には似ても似つかわぬ男と女の愛憎劇(笑)

元々、日本古来の狂言を絵本にしてあるので、
おもしろおかしく読むことができます^^

なんといっても、マスリラさんの絵がいい!
ページをめくると、その絵の迫力にもひきこまれてゆきます。


ちなみに息子も、「んふふふー」と楽しそうに読んでおりました。

息子よ!
女を甘くみたらいけないのです!!
よーく覚えておくように(笑)





ちなみにこの“狂言えほん”シリーズは、
物語もさることながら、どれもこれも個性的な絵が魅力的ですー。

    


スポンサーサイト
Posted by yotsuba*
comment:0   trackback:0
[[絵本]その他の本

thema:絵本 - genre:本・雑誌


| HOME | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。