FC2ブログ
すきなもの・すきなこと、暮らしの記録。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by yotsuba*
 
[スポンサー広告
買った、買った!
本日、2冊購入。

うち1冊が『ランドネ』。

ランドネ 2010年 08月号 [雑誌]

ランドネ 2010年 08月号 [雑誌]

価格:680円(税込、送料別)



女子向けのアウトドア雑誌です。
月刊化されたばかり。

キャンプだとか登山だとか野外フェスだとか、
いろんなこと満載だけれど
あたしの場合、もっぱらお洋服を見て楽しんでます。

でも意外に高い、アウトドアブランド(汗)


まだ届いていないけれど、
楽しみ楽しみ。



スポンサーサイト
Posted by yotsuba*
comment:0   trackback:0
[[あたし]本

thema:この本買いました - genre:本・雑誌


『365日のスプーン』
辛くてやりきれない日も、
楽しくて思わずハナウタな日も、

休まずに時は流れる。

あぁ、もう全部放り投げてしまいたい!
そう思う日でも、
この本を手にとると 
インクが染み渡った薄紙のように
心は穏やかに静まる。

日々、生きている。
日々、感じながら。



本棚の一番目立つところ。
でーんと構えている、『365日のスプーン』。
オススメです。

365日のスプーン

365日のスプーン

価格:1,680円(税込、送料別)




Posted by yotsuba*
comment:0   trackback:0
[[あたし]本

thema:お気に入りの本 - genre:本・雑誌


『おかあさんとあたし。』
読むと必ずと言っていいほど、
涙がどばどばと出てくる本があります。

そりゃもう、必ず。
まるで、お決まりのコントみたいに(笑)

悲しくて泣くんじゃない。
寂しいのでもない。
懐かしさとか感謝とか、
そういう類の涙が出るんです。




おかあさんとあたし。

なかがわみどり/ムラマツエリコ
角川書店/角川グループパブリッ
発行年月: 2009年3月
700円


   おかあさんに「くつが反対」と直された。
   冷蔵庫にシール貼ってもいいよ、と言われてうれしかった。
   すごいとこみせたくて階段からジャンプしてみた。
   しりとりしながら昼寝。
   ストーブの上でイモを焼いてもらう。
   バスのボタンは自分が押す、と人差し指を立ててかまえる…。

   忘れてるようで、ふっと思い出す、
   「こどものあたしとおかあさん」の一瞬。



どこかへ旅行に行った、だとか
特別な思い出だけじゃなく、
写真に残っていないような日々の暮らしの中の『お母さん』との出来事が、
かわいらしい絵で描かれています。

どれもこれも「そうそう!あった、あった!」って笑えるものばかり。
それなのに、読み進めているうちに涙が・・・。


泣いたり笑ったり、かんしゃくを起こしたり、
過ごしていたあの頃。

何よりもあたたかい愛情にくるまれて。

母となった今、両親のあたたかさをしみじみと思い知る
大人向けの絵本です。


息子がいつか大きくなって羽ばたいていったあと、
母とのこの毎日を思い出してくれるかなぁ。
思い出してくれたらいいなぁ。

そんな風にも思います。

Posted by yotsuba*
comment:2   trackback:0
[[あたし]本

thema:お気に入りの本 - genre:本・雑誌


ちびくろさんぼのホットケーキ。
お菓子作りがとっても苦手なあたし。

バレンタインデーや、ホワイトデー。
四苦八苦しながらようやく作成しますが、
どれもこれも簡単なもの。

ちなみに今年のチョコレートはコレでした↓

バレンタインチョコ。

題して、
『簡単生チョコ・ココア&抹茶~キミのハートを射抜く♪』
(な、長いよw)



そんなお菓子作りが苦手なあたしの気分を上げてくれるのが、
この本です。


絵本からうまれたおいしいレシピ(2)
絵本とお菓子の幸せな関係
Eーmook
宝島社
1365円


表紙はあの『ちびくろ・さんぼ』のホットケーキ!
その他にも『だるまちゃんとてんぐちゃん』のずんだもちや、
『はらぺこあおむし』のジャムマフィンなど、
見てるだけで幸せ気分になれるレシピが満載です。


昔、ママになるずっと前は
「おいしいおやつを手作りで子供に食べさせたい!」
なんて夢があったなぁ。

現状は、ようやくホットケーキか
簡単クッキーくらいのもので(汗)

この春はこの本を参考に、
息子と一緒に楽しいクッキングにでも挑戦しようかなぁ。




シリーズいろいろ出ています*

    



Posted by yotsuba*
comment:0   trackback:0
[[あたし]本

thema:お気に入りの本 - genre:本・雑誌


『食堂かたつむり』*小川糸
映画化されて話題になっているらしい、
『食堂かたつむり』。




食堂かたつむり





ストーリーのおもしろさ云々はともかく、
このお話の中に出てくるキッチンと、
そのキッチンの中で活躍する調理器具やツールが好き。




食はヒトの基本だと思う。

“食べる”という行為はとっても単純だけれど、
奥が深く、
美しくもあり、
過酷な現実もあって、
そして何よりなくてはならないもの。

息子や大切な人に料理を作るとき、
いつもキモチが満たされる。
キッチンはある意味、
あたしのココロの休息の場所でもあり。




そういう意味で、
あたしにとっては面白い本、だと感じた一冊です。

Posted by yotsuba*
comment:0   trackback:0
[[あたし]本

thema:こんな本を読んだ - genre:本・雑誌


| HOME | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。